TOP>FAQ

FAQ

ディスプレイ関連


入力デバイス関連


ZALMAN ZM-M190 ZM-M220W

最初に以下の方法で確認してください。万が一、問題が続くようでしたら、お近くのサービスセンターにご相談ください。

Q1:通常の2DのDVD映像を3D(立体)で表示できますか?

できません。
このモニタ及び付属ソフトでは2Dを3Dに擬似変換する機能はありません。

Q2:マルチコア(Dual,Quad CPU)システムでゲームが実行出来ません

コアひとつをDisableさせることで、ゲーム実行が可能です。以下の手順で実行してください。
Start > misconfig入力後Enter > “BOOT.INI” tabへ移動 >“供給オプション”をクリック > NUMPROC選択後 > 値を“1”へ設定 > システムreboot > 再び元に戻したい場合は、NUMPROC解除後システムreboot

Q3:動画ファイル実行時、左右で画面が分割されるが、立体に見えません

モニター解像度が最大解像度でセッティングされているか、一度お確かめ下さい。
19インチの場合: 1280x1024 ピクセル
22インチの場合: 1680x1050 ピクセル

Q4:動画ファイル実行時、立体感をあまり感じられません

左/右映像が入れ替わっている可能性があり、この状態で継続してモニターを視聴されると 目の痛み等が生じる可能性がございます。
この場合、“F7”キーを一回押すごとに左右の映像が 変わりますので、ファイル実行中でもこのキーを利用し、 目に負担のかからない状態での視聴を お願いいたします。

Q5:画面にいつも光る点や光らない点が有るのですが不良ですか?

TFTカラー液晶パネルは特性として表示面上に黒点(点灯しない点)や、 輝点(点灯したままの点)が有る場合があります。これは不良ではありません。予めご了承ください。

Q6:画面に虹色のモアレや斑点の様なものが少し見えるのですが故障あるいは、不良ですか?

そのような現象は、画面に貼られている特殊な偏光フィルムにより光が干渉を起こして多少見えますが、 故障あるいは不良ではありません。予めご了承ください。

Q7 3D対応するグラフィックカードにはどのようなものがありますか?

ZALMANの3Dモニターで3D対応するグラフィックカードには以下のものがあります。

1. 3D立体ムービー視聴時
グラフィックカードの種類に関わらず、すべて3D対応します。

2. 3Dゲーム実行時
[WindowsVistaの環境]
NVIDIA社のGeforce5000~8000シリーズ、Quadroシリーズに3D対応するチップセットを使用したグラフィックカードが必要です。 但し、ATI社及び他社のグラフィックカードは3D対応いたしません。

[Windows2000/XPの環境]
Windows2000/XPの環境下で3DゲームをするためにはNVIDIA社のGeForce5000、6000、7000 シリーズチップセットを使用したグラフィックカードが必要であり、NVIDIA社のGeForce8000シリーズ、 ATI社及び他社のグラフィックカードはWindows2000/XPの環境下では3D対応いたしません。
(※WindowsXP/2000でのご使用はサポート対象外です。)

ステレオスコーピックドライバとCPU、グラフィックチップ、OSの関係については以下の通りです。
各種ドライバは、サポートページよりダウンロードいただけます。

  nVidia 91.31 ドライバー nVidia Vista対応 ドライバー
SingleCore
MultiCore
XP/2000 ×
Vista ×
グラフィックチップ GeForce5xxx~7900GS GeForce5xxx~9xxx
Quadro対応 マニュアルをご覧下さい すべて対応

※ Multi CoreでnVidia ドライバー91.31を使用する場合はMulti Coreで使用可能なゲーム/コア数を一つにすることで使用可能なゲーム/使用不可能のゲームがございます。 詳しくは対応ゲームリストをご覧下さい。
※※ GTX260, 280には対応していません。

iTheaterV

最初に以下の方法で確認してください。万が一、問題が続くようでしたら、お近くのサービスセンターにご相談ください。

問題内容:iPodの映像をiTheaterでみるためには?

⇒以下のページを参照してください。
iTheater でiPodの映像を表示する方法

問題内容:映像が表示されない

バッテリーが消耗していませんか?
⇒バッテリーを充電してください。
フル充電で約4~5時間連続使用可能です。
AVケーブルが正しく接続されていますか?
⇒接続を確認してください。
電源スイッチは入っていますか?
⇒電源スイッチをONにしてください。

問題内容:突然画面が消えたり、ちらついたりする

バッテリーが消耗していませんか?
⇒バッテリーを充電するか、もしくはACアダプターを接続してください。

問題内容:真っ暗になったり映像がぼんやりしている

画面保護シールを剥がしましたか?
⇒外部機器を接続してください。
外部機器が接続されていますか?
⇒保護シールを剥がしてご使用ください。
画面が汚れていませんか?
⇒乾いたやわらかい布で軽く拭いて汚れをお取りください。

問題内容:音声が聞こえない

ボリュームが0(ゼロ)ではありませんか?
⇒ボリュームを調整してください。
外部機器の音声がミュート位置になっていませんか?
⇒ミュートを解除してください。
A/V端子は接続されていますか?
⇒A/V端子を接続してください。

問題内容:パソコンを持っていないので、充電が出来ません。何か方法はありませんか?

⇒他社メーカー製の市販のUSB ACアダプタをご利用頂きましたら充電が可能です。

Z800 3D Visor

最初に以下の方法で確認してください。万が一、問題が続くようでしたら、お近くのサービスセンターにご相談ください。

Q1 この製品は何に使用しますか?

ゲーム、DVDプレーヤーと一緒にお使いいただくと言うよりむしろ、 PCと接続してお使いいただく為に設計させています。

Q2 電源は何ですか?

コンピュータのUSBポートから供給します。

Q3 グラフィックカードはどういったものを使うべきですか?

どのグラフィックカードでもご使用いただけますが、HMDの立体視機能をご利用になりたい場合は、 以下のビデオカードの内のどれかが必要です。
n'Vidiaのステレオビデオドライバーをご使用になられた場合は、多くのゲームで立体視が出来ます。

立体視の為の推奨グラフィックカード
NVIDIA 3D Accelerator Card 
TNT
Geforce(Geforce256、Geforce2、及びGeforce3 製品を含みます)
Quadro (Quadro2製品を含みます)他のビデオカードでも立体視できるかもしませんので、 あなたのビデオカードの会社を確認してみてください。

Q4 nVidia 3D ステレオドライバーの使用方法は?

nForceドライバーと3D ステレオドライバーのバージョンが 同じ物をインストールしているか確認してください。
また、3Dステレオドライバーをインストールするときは、アンチウィルスソフトウェアがオフになっているか確認してください。

Q5 なぜHMDは定期的にスイッチオフされるのですか?

使用されていないときは有機ELパネルを守るよう設計されています。 ヘッドセットが10分間動かなければパワーダウンされます。

Q6 どの様に手持ちのソフトウェアーでトラッカーを使えますか?

もしあなたの、ソフトウェアがマウスを使ってパンやチルトを行っているのでしたら、 (ほとんどのゲームは同じです。)トラッカーはマウスをエミュレートします。
また、SDKをご提供しておりますのでご自身のソフトウェアに組み込む事が出来ます。

Q7 Z800 3DVisorは、Playstation2やXbox、またはGameCubeとの互換性はありますか?

Z800 3DVisorは現在利用可能なテレビゲームコンソールとの互換性はありません。

Q8 テレビやDVDを見るのにZ800 3DVisorを使用できますか?

通常のデスクトップモニターと同様にPC(60HzのSVGA信号)お使いいただけますが、 ポータブルDVDプレーヤのようなNTSC信号の機器とつなぐ場合は、コンバータを使用しなければお使いいただけません。

Q9 私のコンピュータにはDVI出力しかありませんが使用できますか?

Z800 3DVisorはアナログ信号専用の装置です。ですのでデジタル入力との互換性はありません。
お客様のPCがDVIから信号を出力するだけでしたら、DVIからアナログへのコンバータを使用することができます。 DVIコンバータは、PCに付属していることもありますので、ご確認ください。
なければ、ほとんどのコンピュータショップでご購入いただけます。

Q10 Windowsのどのバージョンと互換性がありますか?

Z800 3DVisorは、Windows XP(SP1とSP2 OK)と一緒にお使いください。

Q11 MacやリナックスコンピュータでZ800 3DVisorを使用できますか?

表示するだけであれば、コンピュータの解像度をSVGAにしていただければZ800 3DVisorを使用することができます。 しかしながら、3D表示やヘッドトラッカーをお使いいただくことは出来ません。

Q12 Z800 3DVisorは磁石に敏感な部品などを含んでいますか?

ヘッドトラッカーは磁気特性がありますので、ステレオスピーカーやテレビなど 強い磁気があるところではお使いにならないでください。

Q13 眼鏡を装着したままでZ800 3DVisorを使用できますか?

Z800には視度調整機能がありませんので、ぜひ眼鏡を使用してご覧ください。 ほとんどの形状の眼鏡でお使いいただけます。

Q14 Z800 3DVisorのコントローラーにあるマイクロフォン端子はなんですか?

マイクロフォンの位置を見ることが出来ませんが、両眼のモニタの間に ノイズキャンセリングマイクロフォンが搭載されています。
PCとZ800 3DVisorのコントローラーにあるマイクロフォン端子とを付属のケーブルで接続していただくと、 オンラインゲーム等で音声コミュニケーションができます。

Q15 どの様にステレオ表示させるのですか?

フレームシーケンシャルで連続した3D信号がZ800 3DVisorに入力されると、 Z800 3DVisorが信号を左右に分割し、両方の有機ELディスプレイ分配されます。有機ELディスプレイは、 平均的なLCDディスプレイよりも早く再描画されるのでほとんどフリッカーを感じません。
あなたが得る3Dの品質はあなたのゲームソフトウェア、ビデオカード、コンピュータ、 およびビデオカードドライバーによるところが大きいです。

Q16 ステレオビジョン3Dモードによるそれぞれのモニタへのリフレッシュレートはどれくらいですか?

片目あたりリフレッシュレートは30Hzです。 有機ELディスプレイを採用していますので、フリッカーはほとんどありません。

Q17 私のゲームのすべてがZ800 3DVisorで3D表示できるでしょうか?

市販ほとんどのゲームで、3D立体視の互換性があります。
しかし、この互換性はゲームのパッケージに表記されていません。 したがって、eMagin社は、 あなたが特定のゲームのために、デモ版をダウンロードするか、 またはゲームのメーカーに連絡するのをお勧めいたします。 互換ゲームの例が、Unreal Tournament2003と2004と、 Doom3などです。

Q18 Z800 3DVisorは、OpenGLやDirect3Dベースのゲームとの互換性はありますか?

エヌビディアのドライバーはOpenGLとDirect3Dの両方を使用する多くのゲームと互換性がありますので、 ほとんどの場合、お使いいただけます。

Q19 ヘッドトラッカーは何を使って動きを検出していますか?

Z800 3DVisor搭載のヘッドトラッカーは、動きを検出するのに加速度計と ジャイロスコープを使用しています。
ヘッドトラッカーにはX、Y、およびZ-軸検出するために3つのジャイロスコープ搭載と、さらに、 ヘッドトラッカーは性能を確実にする為にコンパスと加速度計も搭載されています。

Q20 ヘッドトラッカーを使用するのに必要な特別なソフトウェアは?

Z800 3DVisorはマウスエミュレーションソフトウェアが付属しています。 インストールの後に、プログラムは、あなたのスクリーンのバックグラウンドで、検出されたヘッド・ モーションを動きをマウスの動きに変換します。
バンドルされているソフトウェアを使い各種調整が可能です。

Q21 ヘッドトラッカーソフトウェアはX、Y、およびZ軸の動きをサポートしていますか?

マウスエミュレーションソフトウェアーはXとY-軸の動きのみサポートしています。 しかし、ヘッドトラッカー自身には、Z-軸のセンシングも可能な能力があります。

Q22 ほとんどのソフトウェアでヘッドトラッカーは使用できますか?

マウスの動きを使うソフトウェアではマウスエミュレータプログラムが機能しますので、 ヘッドトラッカーを使用することができます。
しかしながら、マウスの動きは、特定のソフトウェアでどう使用しているかによってヘッドトラッカーの機能は異なります。

Q23 eMagin社はヘッドトラッカーの機能を組み込み為に使用するSDKやAPIを提供していますか?

ご購入後、コチラからeMagin社に直接コンタクトお取りいただければ入手可能です。

Teleglass T3-A

最初に以下の方法で確認してください。万が一、問題が続くようでしたら、お近くのサービスセンターにご相談ください。

Q1 Teleglassって何ですか?

Teleglassは、サングラスに取り付ける超小型モニタです。
NTSCビデオ信号を入力としています。従来のヘッドマウントディスプレイは、目を覆うタイプのもので、装着時に違和感がありましたが、 Teleglassは表示部分を小型化し、サングラスをかける気軽さで使用することができます。

Q2 何に使えるますか?

ビデオ出力を持ったいろいろな機器のビデオモニタとしてご使用いただけます。
たとえば、弊社製マイクロスコープDG-3と組み合わせて頂くと、通常モニタを見ることができないぐらいまで手を延ばした状態でも、 モニタ画面を確認することができます。その他、旅行や、出張等の移動中を快適に過ごせます。

Q3 解像度はどれぐらいですか?

Teleglass T3-Aは約8万画素(320(H)×240(V):約23万画素)です。DVDで観る映画の字幕程度であれば十分な解像度です。

Q4 何に接続できますか?

スカラ社製のマイクロスコープ(DG-3,VL-11)や、ビデオカメラ、各種測定機など、 NTSCビデオ出力を持った機器であれば接続できます。 またApple Computer社のiPodなどの携帯ビデオプレーヤや DVDプレーヤの表示装置としてご利用いただけます。
※ipodはアップルコンピュータ社の商品名です。

Q5 PDAに接続できますか?

通常、PDAには接続することはできません。PDAにNTSCビデオ信号を出力する機能が内蔵されていれば、 そちらに接続することはできますが、その場合は変換ケーブルが必要です。

Q6 携帯に接続できますか?

基本的には接続できません。TV機能がついた一部の機種(DoCoMo, SoftBank)でビデオ出力を 持ったものは接続できますが、その場合は変換ケーブルが必要です。

Q7 ノートPCに接続して、PCの画面を見ることはできますか?

そのままではノートPCに接続することはできません。PCの画面をテレビに表示するための 変換装置(ダウンコンバータ)を使用することで接続は可能です。

Q8 連続使用時間はどれくらいですか?

Teleglass T3-Aは単三アルカリ乾電池で4時間以上です。単三ニッケル水素充電池でも使用可能です。 アルカリ電池よりも長時間使用可能となります。

Q9 視力の悪い人でも使えますか?(近視/乱視/遠視/老眼)

Teleglassには視度調整つまみがあります。自分の視度に合わせれば画面は問題なく見えます。

Q10 長時間使用して、目に対して悪影響はありませんか?

通常、長時間テレビを見続けると疲れるように、Teleglassも長時間使用されると 目の疲れは起きるとお考えください。
ご使用の際は、適度に休憩を取るようにしてください。なお、13歳以下のお子様はご使用にならないようにお願いします。

Q11 TVチューナーは内蔵していないのですか?

今回の製品には内蔵しておりません。貴重なご意見として今後の開発の参考とさせていただきます。

Q12 どんな眼鏡にもつけられるのですか?

T3-Aのみ眼鏡の付け替えが可能です、。

Ascension

最初に以下の方法で確認してください。万が一、問題が続くようでしたら、お近くのサービスセンターにご相談ください。

Q1 WindowsOSでのドライバーのインストールが上手くいきません。

すべてのWindows OSで動作しますが、 Win7 や 8で使う場合は、オートインストール機能をオフにしてください。
もしオフにしない場合は、自動的に間違ったドライバーがインストールされてしまいます。その場合、トラッカーは接続されません。もしすでに間違ったドライバーをダウンロードされている場合は、添付のPDFをご覧になり、直してください。オートダウンロード機能はデジタルサインのみを見てダウンロードされます。Ascensionのドライバーはデジタルサインを取得しておりません。

TRACK IR 4Pro

最初に以下の方法で確認してください。万が一、問題が続くようでしたら、お近くのサービスセンターにご相談ください。

Q1 どれくらい頭を動かさないといけないのですか?

TrackIRには高解像度カメラがついており、少し頭を動かすだけで、 ゲーム上でもきちんと反映されます。具体的には、ほんの少し、5~6mm程度頭を回すだけで、全周囲360度を見渡すことができます。 ですが、あまりに過敏で、逆に使いづらくなる場合は、ドライバソフトで、簡単に調整することができます。 TrackIRは、すべてのユーザー様が簡単にオリジナルの設定ができるようにデザインされています。頭をどれだけ動かせばいいかは、 自由に決めていただけるのです。

Q2 何をつければいいのですか?

「ドット」と呼ばれる、小さな反射スティックをつけるだけで結構です。 ドットを帽子やメガネ、ヘッドセットマイク、ヘッドフォン、などで頭部に固定します。ドットは、 すべてのTrackIRから認識されています。というのも、ドットは、特別な赤外線反射素材で作られているからです。 ドットの取り付けには、帽子のつばとバックストラップに特別な3M反射素材を用いたTrackHatキャップがお勧めです。 もし、最新の「Vecotor Expansion」のフル3Dの機能を活用したい場合は、ベクタークリップを帽子のつばや ヘッドフォンに取り付ける必要があります。ベクタークリップは、精密に計算された3つのドットが内蔵されており、 TrackIRソフトは、それらの現実世界の動きや回転を感知するのです。

Q3 後ろはどのようにしてみるのですか?

TrackIRは、ユーザーの頭の動きを増幅して反映させています。 前周囲360度の頭の動きを感知するために、最小で5~6mm程度動かせばいいのです。 TrackIRは、ドライバで簡単に設定を調整することができます。お使いのゲームによって、 一番使いやすいと思われる設定にチューニングしてください。言い換えれば、画面の中心から5~6mm頭を回転させれば、 画面から目を離さずに済むのです。

Q4 首が痛くなりませんか?

まったく問題ありません。 弊社は、今までに、過去4年間で1万台以上のTrackIRを販売してきましたが、システムの適切な使用をしなかったユーザー様からの 2件のクレームを除いて、首が痛くなるといったクレームはいただいておりません。1990年代において、ゲームユーザーは、 重いプラスチック製のヘッドセットや大げさな身振り手振りをしないと使えないような「古代の」トラッキングセンサーを つけることに慣れさせられてきました。しかし、そのような「イケてない」機器は、10年前の流行りであり、 コンピュータ革新のはるか以前の出来事なのです。 TrackIRは、ゲームをしている間の頭のほんのかすかな動きを利用して、自然にゲームの入力を行える新しい形なのです。 最近のとんでもないVRヘッドセットの首が痛くなる問題を解決するということが、 そもそも弊社がTrackIRを開発した理由の一つでした。

Q5 画面と頭の向きにズレが生じたときはどのようにすればいいですか?

ポインターやカーソルの動作をオン・オフしたり、 リセットするためのショートカットキーが用意されています。また、TrackIRのエンハンスド・モードを使ってゲームをすれば、 ゲーム中は、ユーザー様が設定した箇所が画面の中心と認識されます。 TrackIRエンハンスド・モードとショートカットキーについての詳細は、 「TrackIRの操作方法」と「ソフトウェア」をご覧ください。

Q6 TrackIRは、マウスの代わりになりますか

TrackIRは標準のマウスの利用を奨励するもであり、代りにはなり得ません。 ユーザーの皆さんは、ジョイスティックやマウスといったコントローラーを扱うのに慣れています。 TrackIRは、それらの利用をなくすようなものではなく、ジョイスティックやキーボード、マウスなどの機器から、 頭の動きに合わせて表示をコントロールする機能を独立させたものです。たとえば、マイクロソフト社の「FlightSim 2004」 のようなゲームの場合、頭につけたTrackIRを使ってコクピットの周りを見渡して、スイッチなどをオン・オフする際は、 手に持ったマウスで操作するのがお勧めの方法です。

Q7 TrackIRは、視線の動きだけで制御できますか?

できません。
実際に視線制御システムを開発している企業もありますが、弊社では、そのようなシステムは技術的・コスト的な理由から 導入しておりません。一般の方々に購入していただける価格帯の製品を提供することを第一と考えています。 視線入力システムは、確かに存在はするものの、技術的にも未完成で、数千~数万ドルものコストがかかります。 技術的にも成熟し、コストが抑えられるということになれば、製品として取り扱うかもしれません。

Q8 将来的にTrackIRはどうなりますか?

弊社はTrackIRを使用して、より多くのジャンルのゲームを試しており、 modチームがTrackIRの革新的なハードウェアを革新的なゲームや試みで革新的にサポートを確立する手助けをしています。 そして、「xbox 360」、「Playstation3」、「Nintendo Wii」といった次世代ゲームのプラットフォームにおいて TrackIRを使った可能性を模索しているのです。

Q9 TrackIRエンハンスドとは何ですか?

いくつかのゲームタイトルは、TrackIRの対応認定を受けており、 直接やり取りすることができます(?)。これらのゲームにおいて、TrackIRは、ゲームの視点をコントロールするために、 マウスや他のコントローラーから分岐した入力装置のように扱われます。このことは、ユーザーに大いにメリットをもたらします。 詳しくは、「使い方」のページを参照してください。 TrackIRエンハンスドに対応したゲームのリストは「ゲームタイトル」をご覧ください。

Q10 TrackIRエンハンスドの最新ゲームは何ですか

TrackIRエンハンスドの完全対応したゲームのリストは、 「ゲームタイトル」のページを参照してください。新しいタイトルがリリースされた場合は、リストに追加して、 フォーラムでもお知らせします。

Q11 ベクタークリップをどのように帽子に取り付ければいいですか?

クリップから出ている2本のクリップを帽子のつばの下に引っ掛けてください。 ベクタークリップの中央のクリップを帽子のつばの上に引っ掛けることで張力が働くので、本体をスライドさせて帽子取り付けます。 3枚の反射板が、顔の向きからみて外(TrackIR方向)に向くように取り付けてください。

Q12 TrackIRはどこに置けばいいですか?

トラックハットと水平の高さにあるモニターの上部に置くことができれば理想的です。 ベクタークリップを使う場合は、本体をモニターの横ではなく、トラックハットの真正面に来るように配置します。
高さに関しては、多少ずれがあっても問題ありません。TrackIRは、ベクタークリップよりも、5~10cm程度高い位置にあれば、 完璧です。TrackIR本体をベクタークリップに向くように傾きを調整します。TrackIRがベクタークリップよりも 30cm以上高い位置に設置されている場合は、正しい方向をむく動作は、かなり増幅されて感知されていると思ってください。 また、逆に、TrackIRがベクタークリップよりも30cm以上低い位置に設置されている場合は、帽子のつばにさえぎられて、 ドットの方向があいまいになる可能性があります。ベクタークリップからTrackIRの理想的な距離は、60~120cmです。 この距離であれば、頭を動かしても余裕をもってベクターを追跡できます。

Q13 6DOFとは何ですか?

6DOFは、6種類の自由度を持ち、ユーザー様がベクター拡張機能を使って立体的に 動いた6種類の動きを検出します。
・X-軸:回転
・X-軸:移動
・Y-軸:回転
・Y-軸:移動
・Z-軸:回転
・Z-軸:移動
3軸の回転について
プロデュース:ヨー(Y軸)、ピッチ(X軸)、ロール(Z軸)
3軸に沿っての移動は、傾く、すくめる、ズームなどの表現を可能にしました。これらの動きを同時に行うことができるのです。

Q14 6DOFに対応したゲームはありますか?

Vector拡張を使うことで、どんなゲームにでも6DOFコントロールができるようになります。 しかしながら、6種類の自由度を完全に対応している開発メーカーは今までのところ、少数です。
2005年5月15日時点で、以下のゲームが、6DOFコントロールに完全対応しています。
・Microsoft Flight Simulator 2004
・Microsoft Combat Flight Simulator 3
・Aces High II (version 2.01 patch 6 required)
・GTR
・NASCAR Sim Racing
・Silent Wings
その他、多くのゲームが、Vector拡張(3DOFから5DOF)を使用した際にのみ、3Dビューコントロールに対応しています。
対応ゲームについては、対応ゲーム一覧のページをご覧ください。

Q15 Vector拡張は、どのようにして2DOFのゲームをサポートしているのですか?

単点追跡法は、これまで、TrackIRシステムを用いてX軸とY軸の2軸の情報だけを提供していました。 なぜなら、2軸だけでは、回転と移動の違いを認識することができないからです。
例えば、その状況で左右に頭を動かすと、、システムは、頭を回転した、とご認識します。 TrackIRの新しいベクター拡張では、回転と移動をの違いを明確に認識します。上下左右に頭を動かしても、 頭が回転した、とは認識しません。 画面を回転させるには、実際に頭を回転させるしかないのです。全体的に動きはなめらかで、 思いがけない動きをするようなこともありません。 現在、TrackIRエンハンスドの2DOFビューコントロールしかサポートしていないゲームをVector拡張とシームレスに統合しました。 ヨーとピッチに関してはそれらのゲームではまだ連動し、新しいユーザーは、よりコントロールしやすくなるでしょう。

Q16 IL-2 (Pacific Fighters, Forgotten Battles, ACE) は6DOFをサポートしていますか?

IL-2は、2DOFにしか対応しておりません。また、開発メーカーも、現在のところ、 6DOFへの対応の予定はありません。Vector拡張はIL-2のゲームでも動作しますが、横回転と縦回転しか認識しません。 これは、コクピットは、各ゲームのエンジンを使っているからです。もし、3D空間を自由に動き回れるとしたら、 コクピットは壊れてしまうことになります。開発メーカーは、これら発売済みのゲームタイトルに関して、 6DOFに対応させる必要はないと考えていますが、2005年以降にリリースされるゲームタイトルは、 6DOFに対応させると約束しています。

Q17 プロファイルをセーブするにはどうすればいいですか?

プロファイルの変更は、プロファイルのページの[OK]ボタンをクリックすることで 自動的に保存されます。

Q18 バージョン3.xで仕様していたプロファイルはバージョン4でも使えますか?

申し訳ありませんが、使えません。プロファイルは、現在、XMLファイルとして保存され、 以前のバージョンとの互換性はありません。
【追記】バージョン4以前のプロファイルに関して、「.TIR」の拡張子がついたファイルは、バージョン4.xでは認識されません。

Q19 インストール中、FS2004のチェックボックスがないのはなぜですか?dllはインストールされないのですか?

FS2004は、既に別の方法で提供済みであり、 モジュールフォルダにインストールするdllインターフェイスは、必要ありません。

Q20 3.xと4.xのソフトウェアを同時に起動することはできますか?

バージョン4.xのソフトをインストールする際に、 バージョン3.xのソフトウェアに上書きしないようにするためには、特別なステップが必要です。
まず、バージョン3.xのソフトウェアをアンインストールせずにバージョン4.xのソフトウェアをインストールします。 次にソフトウェアのインストール画面が表示されたら、USBドライバーのチェックボックスをオフにします。
これで、両方のバージョンのソフトウェアが利用できます。

Q21 もし、バージョン3.xのソフトウェアを既にアンインストールしていた場合、どうすればいいですか?

バージョン4.xのソフトウェアを起動して、他の全てのバージョンのソフトウェアを アンインストールします。バージョン3.xのソフトウェアをインストールします。 「Unable to Find Driver」というエラーメッセージが出ますが、そのままインストールを続けてください。
各パソコンごとに登録をおこなってください。(もし、それらのパソコンが既に使われていない場合は、 NaturalPointのサポートまでご連絡ください。)
インストール終了後、バージョン3.xのソフトウェアが正しく動作するか 確認してください。そして、3.xのソフトウェアをアンインストールせずに、 そのままバージョン4.xのソフトウェアを続けてインストールします。 インストール作業中、メッセージが表示されたら、USBドライバーのチェックボックスをオフにします。
これで、2つのバージョンのソフトウェアを同時に使うことができます。

SmartNav4

最初に以下の方法で確認してください。万が一、問題が続くようでしたら、お近くのサービスセンターにご相談ください。

Q1 ソフトウェアの読み込み後に実行しても、ユニットの緑のライトが点滅しません。

01 ソフトウェアまたはハードウェアのインストールが不適切です。
ソフトウェアをインストールする前にSmartNavユニットを接続した場合、次のようにします。まず、SmartNavユニットの接続を切断し、[マイ コンピュータ(Vistaの場合は[コンピュータ])]を右クリックします。[プロパティ]を選択して[ハードウェア]タブをクリックし、[デバイス マネージャ]をクリックします。[USB デバイス]をダブルクリックします。[不明]または[?]と表示されているデバイスがあれば、そのデバイスを削除し、SmartNav?ユニットを再接続します。NaturalPointデバイスまたはSmartNavのリストが表示された場合、これは問題ではありません。
02 ユニットの調整が不適切です。
SmartNavソフトウェア画面をクリックします。反射ドットシールをひたい部分(あるいは眼鏡など)に貼るか、リングアクセサリを指にはめ、SmartNav本体の向きをトラッキングするオブジェクト(反射ドットシールやリングアクセサリ)に合わせ、[Camera View]ウィンドウの中央付近に黄色のドットが表示されるように調整します(カメラの調整は、SmartNavソフトウェアの[コントロールパネル]にある[Tracking]タブでも可能です)。

Q2 「不明なUSBデバイス」というエラーメッセージが表示されます。

01 ソフトウェアまたはハードウェアのインストールが不適切です。
ソフトウェアをインストールする前にSmartNavユニットを接続した場合、次のようにします。まず、SmartNavユニットの接続を切断し、[マイ コンピュータ(Vistaの場合は[コンピュータ])]を右クリックします。[プロパティ]を選択して[ハードウェア]タブをクリックし、[デバイス マネージャ]をクリックします。[USB デバイス]をダブルクリックします。[不明]または[?]と表示されているデバイスがあれば、そのデバイスを削除し、SmartNav?ユニットを再接続します。NaturalPointデバイスまたはSmartNavのリストが表示された場合、これは問題ではありません。
02 ユニットの調整が不適切です。
SmartNavソフトウェア画面をクリックします。反射ドットシールをひたい部分(あるいは眼鏡など)に貼るか、リングアクセサリを指にはめ、SmartNav本体の向きをトラッキングするオブジェクト(反射ドットシールやリングアクセサリ)に合わせ、[Camera View]ウィンドウの中央付近に黄色のドットが表示されるように調整します(カメラの調整は、SmartNavソフトウェアの[コントロールパネル]にある[Tracking]タブでも可能です)。

Q3 トラッキングがうまくいかず、カーソルの位置が画面上で定まりません。

01 別の光源からの干渉があります。
02 視野内に複数の反射ドットがあります。
SmartNavソフトウェアを開き、[コントロールパネル]ボタン、[トラッキング]タブの順にクリックします。緑の丸印で囲まれた緑の点が表示されます。このウィンドウにグレーのオブジェクトが複数ある場合や、緑の丸印がドット間で移動している場合、SmartNavの視野50度に不適切に配置された反射ドットがないかどうかを確認します。視野にほかの点がないのに、問題が解決されない場合、後ろに光を多く反射させるものや直接の光源がないかどうかを確認します。 そのようなものがあれば移動するか、SmartNav本体の向きを変更する、あるいは、コンピュータの位置をずらします。

Q4 ドットモードで、画面の端にカーソルを移動すると、トラッキングされなくなります。

01 [スピード]設定が不適切です。
スピード設定を1段階高くします。
02 SmartNav本体の配置が不適切です。
SmartNavソフトウェア画面で、[コントロールパネル]ボタン、[Tracking]タブの順にクリックします。緑の丸印で囲まれた緑のドットが表示されます。頭を動かして、カーソルを画面の端から端まで移動します。緑のドットの動きが止まったら、SmartNav本体の位置を変えて、前の手順を繰り返します。
03 ユーザとSmartNav本体の距離が長すぎます。
コンピュータの近くに座るようにするか、SmartNav本体を自分に近づけます。SmartNavの最適な動作距離は、使用しているアクセサリにかかわらず、0.6~1.8m以内です。

Q5 頭、リング、帽子などを動かすと、カーソルが違う方向に動いてしまいます。

[カメラの回転]設定が不適切です。
SmartNavソフトウェア画面で、[コントロールパネル]ボタン、[移動]タブの順にクリックします。[カメラの回転]メニューを確認してください。

Q6 カーソルの動きが鈍い感じがします。

[カーソルの移動]設定が不適切です。
SmartNavソフトウェアで、[スピード]ボタンをクリックし、[移動]タブに移動します。[スピード]スライダバーを左に動かします。

Q7 コンピュータがロックアップします(WindowBlindsを使用している場合)。

これはStardockのWindowBlindsプログラムに関する既知の問題です。この現象は、WindowBlindsプログラムがNaturalPointウィンドウを再スキンしようとするため発生します。これによってコンピュータがクラッシュまたはロックアップし、システムの再起動が必要になります。影響を受けるオペレーティングシステムは、Windows 2000、XP、Me、98です。
問題を解消するには、WindowBlindsセットアップで、NaturalPointウィンドウが再スキンされないようにします。

Q8 カーソルがロックアップする(ZoneAlarmを使用している場合)。

これはZoneAlarmに関する既知の問題です。ZoneAlarmのインタフェースを開くと、マウスを手で動かすまで、すべてのカーソルが制御できなくなります。影響を受けるオペレーティングシステムは、Windows XPです。解決には二通りの方法があります。
01 ZoneAlarmのセットアップで、「SmartNav」にすべてのサーバ権限を設定します。
02 ZoneAlarmのセットアップで、「Glaze Clicker MFC Application」にすべてのサーバ権限とアクセス権限を設定します。

Q9 ハードウェアのインストール時に、古いドライバの署名を進められません。

ハードウェアのインストール時に、古いドライバの署名を進められません。影響を受けるオペレーティングシステムは、Windows 2000、XPです。
[スタート]ボタンをクリックし、[設定](オプション)、[コントロール パネル]の順に選択して、[システム]アイコンをクリックします。ポップアップ表示されたウィンドウで、[ハードウェア]タブをクリックします。これが開いたら、[ドライバの署名]ボタンをクリックします。次にポップアップ表示されたウィンドウで、[警告]が有効になっていることを確認します([ブロック]が有効になっている場合、ハードウェアはインストールされません)。ハードウェアのインストールを実行します。
[ドライバ署名]ウィンドウでのインストール時にインストールを求められたら、[続行]ボタンをクリックしてください。 ハードウェアは正常にインストールされます。

Q10 Windows Vista/7でアプリケーションのインストールやOS管理タスクを実行しようとすると、SmartNavが応答しなくなります。

この問題は、コンピュータのオペレーティングシステムが、パーミッションレベルをSmartNavがアクセスできないレベルに変更することで発生します。次の手順に従って、問題を回避できます。
Windows 7 の[コントロール パネル]で、UAC(ユーザーアカウント制御)を無効にします。
1. [スタート]メニュー→[コントロール パネル]→[ユーザー アカウント](Windows Vista)、または[ユーザー アカウントと家族のための安全設定](Windows7)で、[ユーザー コントロール パネル]にアクセスします。
2. [ユーザー アカウント制御]設定リンクをクリックします。
3. スライダを動かして[通知しない]にします。
4. [OK]をクリックして変更を有効にします。
5. コンピュータを再起動します。

Q11 ソフトウェアの読み込み後に実行すると、緑のライトは点滅するがカーソルが動きません。

[キーアクティベイト]が有効になっています。
SmartNavソフトウェアの[ビヘイビア]タブ内の[キーアクティベイト]チェックボックスを無効にします。

Q12 すべて、または一部のホットキーが機能しません。

01 不適切な動作モードが選択されています。
使用するモードがNaturalPoint(TM)ソフトウェアのメイン画面で強調表示されていることを確認します。
02 選択したキー機能とほかのシステムプロパティが競合しています。
この機能に対し、別のキーを選択します。

Q13 コンピュータを再起動すると毎回、SmartNavソフトウェアが実行されます。

[コントロールパネル]メニューで、[スタートアップ時に実行]ボックスが有効になっています。
SmartNavソフトウェアで、[コントロールパネル]ボタンをクリックします。[スタートアップ時に実行]ボックスのチェックマークを解除します。

Q14 Dwellクリック機能の使用時に、システムのクリック速度が速くなる、または遅くなります。

[Dwellクリックのスピード]設定が速すぎるか、遅すぎます。
SmartNavソフトウェア画面の下部にある[Dwellクリック]チェックボックスを有効にして、Dwellクリックツールバーを開きます。
Dwellツールバーで[SETUP]ボタンをクリックします。[Click Time(Seconds)]のスライダバーを調整します。[OK]ボタンをクリックすると、この設定が保存されます。

Q15 グラビティ機能の使用中、カーソルが意図しないアイコンでロックオンされる、または目的のアイコンにロックオンされません。

グラビティ機能で不適切なアイコンが選択されています。
SmartNavソフトウェアで、[コントロールパネル]ボタン、[グラビティ]タブの順にクリックします。カーソルのロックオンをしないアイコンは、その横にあるボックスのチェックマークを解除します。

Q16 どのスピード設定でもうまくいきません。

スピード設定が不適切です。
SmartNavソフトウェアで、[スピード]ボタンを選択し、[移動]タブに移動します。[スピード]セクションのスライダバーを調整します(縦横)。バーを左に動かすと遅くなり、右に動かすと速くなります。調整後、[セットアップ]タブで[保存]ボタンをクリックして設定を保存できます。