TOPサポート>取扱終了製品>nOOn:商品概要

販売終了 nOOn (ヌーン):商品概要

noonイメージ画像

ヌーンステレオカメラは先進技術を使用した二眼式ステレオカメラです。 人間の目で捉えるのと同様の自然な立体映像を撮影できます(2Dカメラとしても使用可能)。
また、LHMA(レンズ水平移動軸)機能を備えているため、フォーカス及び輻輳(寄り目)を設定することができます。 このフォーカス及び輻輳機能がヌーンステレオカメラ最大の特徴で、被写体の距離に関わらず、また、目の疲れ、頭痛、吐き気、映像の歪み、 空間の歪みなどの視覚ストレスを感じることなく、きれいな立体映像を撮影することができます。
ヌーンステレオカメラは、被写体間の距離情報及び奥行きをリアルタイムで測ることができる(*1) ので、ロボティクス分野、例えば、 危険地帯や危険物処理時の遠隔操作機器のビジョンシステムとして使用でき、また、医療、保安分野でも使用可能です。

(*1)現在、開発中

多彩なステレオフォーマットで出力

ヌーンステレオカメラのモード切替スイッチにて、多彩なステレオフォーマットで出力可能です。 RCA映像端子で以下の3種類を出力可能。

3種類の出力方式が可能

さらに、黄色のRCA映像端子で左カメラ、グレーのRCA映像端子で右カメラの映像を別々に出力する セパレートモードを搭載しています。

二眼式ステレオカメラの特徴と原理

立体視の原理01

【立体視の原理】
現実の立体物を見る際、右眼と左眼では異なった像が写っています。この見え方の違いを両眼視差といい、両眼視差を利用して、 脳は空間の再構築を行っています。逆に言えば、片方の眼だけでは、立体として物を捉えることが難しくなります。 ヌーンステレオカメラでは、水平移動軸方式により、両眼視差を再現することで、立体映像を作成することができるのです。


立体視の原理02

片方の眼を閉じて、針の穴に糸を通してみてください。なかなか穴に通りません。 片目を閉じてコップに水を注いでみてください。 コップの中ではなくテーブルに注がれるでしょう。(タオルを用意したほうがいいですよ。) このようにステレオ(3D)映像は2D映像より奥行き感があり、より現実に近い映像を作り出すことができます。

nOOnだけの自然な立体映像

両眼式LHMA(レンズ水平移動軸)方式は特許出願中の技術で、 既存の立体視覚装置が利用している水平軸式や輻輳式とは異なり、人間視覚機能を忠実に模倣し人間の瞳孔の動きを再現した、 ロボット等の各種産業、研究及び医療に適した立体カメラです。

水平式水平式
  • 遠距離撮影可
  • 近距離不可
輻輳式輻輳式
  • 遠、近距離撮影可
  • 画質劣る
レンズ水平移動式nOOnカメラレンズ水平移動式nOOnカメラ
  • 遠、近距離撮影可
  • 近距離撮影時も背景立体画質良
BeansStore

関連製品情報

iwear AV920
iwear AV920
ほぼすべてのオーディオ・ビデオ機器に対応。62インチの着用可能なバーチャル大画面で、最高のモービル経験を満喫できます。
>>より詳しく