TOPサポート>取扱終了製品>GD-463D10:商品概要

販売終了 GD-463D10 (ジーディー463ディー10):商品概要


GD-463D10イメージ画像

フルハイビジョン3D液晶モニター

46V型大画面の薄型キャビネット、VESA規格対応。

46V型大画面により、自然で臨場感あふれる迫力の3D映像の視聴環境を手軽に実現します。また、VESA対応のキャビネットは最薄部39mmのスリム設計で、 さまざまな設置場所と幅広い使い勝手が可能です。

機能満載なスリムボディ

スリムボディに収めたJVC独自の高画質エンジンや新開発の3Dデコーダーなどを搭載する〝3D映像システム”により、 臨場感あふれる自然な3D映像を実現。2Dはもちろん3D映像は電源不要の軽量円偏光メガネの使用で手軽に視聴することができます。

JVC独自3D映像システム

※JVCは日本ビクターのグローバルブランドです。

2方式の3D映像信号入力対応

新開発の3Dデコーダーは、3Dコンテンツの制作現場で広く採用されている“Line-by-Line方式”および “Side-by-Side方式”の3D映像信号入力に対応しています。

多様なHD信号に対応する3D用入力対応のHDMI端子を3系統装備

代表的なHD信号である1080/24p、50p、60p、50i、60iに対応し、 これらの信号フォーマットで入力された“Line-by-Line方式”“Side-by-Side方式”の3D映像に対して、3D再生が可能。
※2:50i、60iは“Side-by-Side方式”入力のみ3D表示可能。

自然な3D映像を実現するXpol®円偏光方式を採用

液晶モニターの走査線1ラインおきに逆特性の偏光フィルターを貼り、フィルターに対応する右目、左目の映像を表示するとともに、 偏光メガネを通して観賞することで立体視を可能にする方式。1画面上に常に左右の映像が表示されているため、チラツキのない3D映像表示が得られる。

※Xpol®は、株式会社有沢製作所の登録商標です。
※HDMIはHDMI Licensing, LLCの商標です。
※記載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。

映像信号方式の違い

Line-by-Line方式

Line-by-Line方式

右目用・左目用の映像信号が1ラインおきに交互に配置されています。通常のテレビ信号と同じ形式で伝送が可能なため、3D映像の制作現場などで広く採用されています。

Side-by-Side方式

Line-by-Line方式

右目用・左目用の映像信号が水平1/2に圧縮された状態で左右に配置されています。 通常のテレビ信号と同じ形式で伝送が可能なため、3D映像の制作現場やテレビ放送などで広く採用されています。

Xpol®円偏光方式モニターのしくみ

Xpol®円偏光方式

液晶モニターの走査線1ラインおきに偏光徳性の異なるフィルターを貼り、フィルターに対応する右目、左目の映像を表示することで、立体視を可能にする方式です。


関連情報

GD-323D20
GD-323D20
2D映像から3D映像まで医療現場の幅広いニーズに応える業務用高精細液晶モニター。
>>より詳しく