TOPサポート>取扱終了製品>3D-MODE:活用例

販売終了 3D-MODE (3ディー モード):活用例

用途に合わせて、様々な場所で活躍します。

用途…1 WEBの3Dコンテンツ制作【ペンチ】

1 写真撮影

用途1-写真撮影img

一般的なカメラ・デジタルカメラで撮影できます。3次元モデルを作成したい物体を撮影する場合は、 写真の中で物体ができるだけ大きく写るように、また、作成したい部分が複数の写真に写るようにします。

2 モデリング

用途1-モデリングimg

隣り合う画像間で8~10点の特徴点対応を入力するだけで、カメラの位置姿勢・焦点距離を自動的に計算します。 補助線・自動対応する機能を搭載しているので、より簡単に特徴点を入力することができます。


3 HTMLに組み込み、表示

サンプルを表示

3DM-Viewerを使用すると、3DM-Modelerで作成した3次元モデルを手軽にインターネットのWEB上で公開することができます。 さらに、3DM-Viewerは文章や画像などを配置したHTML文書の中に混在することができます。
<< 左の画像よりサンプルがご覧いただけます


用途…2 土地計測

1 写真撮影

用途2-写真撮影img

2 モデリング

用途2-モデリングimg

土地のような建物に挟まれた空間のモデリングも可能です。


3 計測

パッチを貼った面上では、任意の点を選択して、距離を測ることができます。 また、面積、2点間の距離、容積(オブジェクトが閉じている場合)の計測も可能です。

用途2-計測img
BeansStore

関連製品情報

 非接触3次元スキャナAIDE
非接触
3次元スキャナAIDE

高速・高精度・コンパクト」を同時に実現し、今まで計測できなかった物・場所でも計測可能。
>>より詳しく