TOP>Teleglass T3-Aの衝撃体験!

Teleglass T3-Aの衝撃体験!

TeleglassT3-A
Scalar社が開発したTeleglassの新型は、ビデオ入力を備えた片眼タイプのヘッドマウントディスプレイだ。
今回は、このTeleglassT3-Aを使って、実際の使用感を検証してみた。

Teleglassについて

Teleglass T3-Aは、片眼タイプのヘッドマウントディスプレイ(HMD)だが、そのインパクトは計り知れないものがある。
一見すると、黒いプラスチックのカタマリのようにも見える筐体だが、コントローラー本体についている[OPERATE]ボタンを押すと、 驚きのギミックが発動する。
HMD本体から伸びた、先が緩やかにカーブしたプラスチック製のレールに沿って、ディスプレイ部が軽やかな電動音と共に移動し、 ちょうど目の前の位置にセットされる仕組みだ。もう一度[OPERATE]ボタンを押すと、先ほどとは逆の動きを見せ、 ディスプレイ部が、本体先端部にピタリと収まる。

この製品について書かれた色々なレビューで、某漫画に出てくる「スカウター」という小道具に例えられているが、 あながち間違いではないという印象を受ける。
もちろん、TeleglassT3-Aでは、レーダーの機能もなければ、敵の戦闘力を計測する機能もついていない。 しかしながらこのギミックは、なかなか上手く出来ていて、ついつい用も無いのに押してしまう。 マニア心をくすぐる逸品であることは間違いない。

Teleglass T3-A閉じた状態 Teleglass T3-A開いた状態

コントローラーの[OPERATE]ボタンを押すと、自動でディスプレイ部がセットされる。 なお、コントローラーだけではなく、本体に用意されたボタンでも、同様に動作させることができる。 ポーズ的にはこちらで操作したほうがより「スカウター」っぽいのでオススメ。

少し残念なのが、このギミックに伴う音である。小型のモーターでギアを動かしているのだと推察されるが、 手に持った状態で動作させると、ちょうど電動歯ブラシのような音がする。 実際には、眼鏡に装着して動作させることを考えると、耳元でこの動作音は、意外に大きな音であることに気づくだろう。 とはいえ、この動作音は、使用開始時と終了時だけなので、気にならないといえばそれまでかもしれない。

通常使用について

入力端子としてAV入力端子が用意されている事からも分かる通り、TeleglassT3-Aは、ビデオの視聴を前提として 作られたものだ。そこで、実際にビデオに接続して、その映像を確認してみた。

Teleglassは、ディスプレイ部に0.24インチサイズの約8万画素液晶を備えている。 それをプリズムで反射させて、接眼部とする仕組みだ。その表示解像度は、320×240ピクセルのQVGA。 最近では、携帯電話でもQVGAやワイドQVGAといったスペックを持つものも多いので、同じくらいの表示能力だといえるだろう。

TeleglassT3-Aは、HMD本体と、コントローラー本体で構成されている。HMD本体から伸びているケーブル長はおよそ80cm前後で、 本体とコントローラーはこのケーブルで繋がっている。取り外しは出来ない。 コントローラーには、このケーブルとは別に、ケーブル長1mほどのAVケーブルが用意されている。 実はこのケーブルは、直接iPodに接続することができ、本体のジャックにヘッドホンを繋げば、 そのままiPodの映像を楽しむことが出来る。
ただし、対応しているのは、第5世代までのiPodに限る。現行機種のiPod ClassicやiPod Touch、3世代目のiPod nano(fat)とは、 プラグのアサインが異なるため、出力されないので注意が必要だ。

T3-AとiPod

iPodと接続する際は、あらかじめiPod側で、TV出力の設定を「オン」にしておく。これは、Teleglass T3-Aに限らず、 他のAV機器に出力する場合でも共通の操作だ。

このAVケーブルを、付属のRCA変換ケーブルに接続することで、ビデオ機器からの出力を表示することが出来る。
実際に表示してみると、超小型のディスプレイとはいえ、しっかりと映像を確認できる。映像に含まれる文字などの表示についても、 基本的には問題なく読む事ができる。付属のアタッチメントで、殆どの眼鏡に取り付けることが出来るので、 普段から眼鏡を着用している人でも、問題なく見ることが出来るはずだ。 また、ディスプレイ部上部には、視度補正のレバーが付いているので、微調整も可能だ。

また、ディスプレイ部が自動でセットされるので、角度的にどうしても見づらいという人もいるだろう。しかし心配はいらない。 TeleglassT3-Aのディスプレイ部は、ボールジョイントで固定されており、指で軽く動かすだけで角度の微調整ができる。

見えやすさについては、いろいろと工夫はされているが、それでもやはり片眼タイプのヘッドマウントディスプレイ。 片眼タイプの特徴として、映像を見ながらでも周囲の状況を確認できるというメリットはあるが、 片目だけで映像を見つづけるのは正直つらい。 映画など、長時間集中して視聴するようなケースでは、適度に休憩を取ることをお勧めする。

PC接続してみる

TeleglassT3-AにはAVケーブルしか用意されていないが、 せっかくのヘッドマウントディスプレイをPCでも使ってみたい、という人もいるだろう。
そこで、ダウンスキャンコンバータを使ってPCと接続してみたので、その様子をレポートしよう。

ダウンスキャンコンバータ

ELECOM ダウンスキャンコンバータ AV-DSC1

今回使用したのはエレコム株式会社の「AV-DSC1」というダウンスキャンコンバータ。ダウンスキャンコンバータの中でも、 対応解像度の種類が多く、VGA(640x480)、SVGA(800x600)、XGA(1024x768)、SXGA(1280x1024)の4種類に 対応しているスグレモノだ。

まず、PC本体をコンバータの対応解像度に設定しておく必要がある。対応解像度ならどれでも構わないのだが、 ここでは、SVGAを選択することにする。理由は後述する。

次に、PC本体とコンバータを接続し、さらにUSBから電源を取る。
TeleglassT3-A本体と付属のRCA変換ケーブルを接続、その映像端子を、コンバータに接続すれば、準備完了だ。

早速、電源を入れ、セットしてみる。
結論から言うと、問題なく表示された。しかしながら、液晶サイズがQVGAということもあり、表示はされるが、 文字を読むのには根気が必要だ。PCのグラフィックカードがVGA表示に対応していれば、画面解像度をVGAに切り替えることで、 もう少し文字も読みやすいかもしれないが、今回検証した環境ではVGA表示は確認できなかった。
それでは、と、XGA表示を試してみたが、結果は予想通り、表示が小さすぎて実用的ではなかった。 コンバータのセッティング前に画面解像度をSVGAにしたのは、こういう理由からだ。

では、SVGA表示で、PC上で行われるであろういくつかの操作をして、どのように見えるのか、実際に試してみた。 それぞれの結果を以下にまとめたので参照してもらいたい。

パソコンの操作

パソコンの操作は問題なく行えるものの、やはり標準サイズの文字の認識がしづらいので、 どこに何のフォルダやファイルがあるかが分かっていれば操作できる、という程度。 あらかじめフォントサイズを大きく設定しておくといいだろう。
また、インターネットをする際、見出しやバナーなどの、比較的大きく太い文字については問題なく読む事が出来た。

DVD視聴

映像については、問題なく視聴することが出来た。洋画などの場合、日本語字幕が入るが、 映像の外側の黒い背景上に字幕が表示されている場合は、無理なく読む事が出来る。 できることなら吹き替えで視聴する方がいいだろう。

ゲーム

ゲームのグラフィック表示については問題なく、プレイ自体も問題なく行えるが、やはり文字については注意が必要。

画面01 画面02

画面サイズが小さいので、画像では分かりづらいが、実際には思った以上にしっかりと見える。 スペック上は、2m先に28インチ相当の画面が見える。

まとめ

本来の目的であるAV機器との接続での利用を前提にすれば、快適に使用することができた。 何よりもその小型ボディに隠されたギミックには、 子供の頃にあこがれたアニメの世界を垣間見ることができる。
ダウンスキャンコンバータを使ってPCの画面をTeleglassT3-Aで見ることはできるが、文字の認識については注意が必要。 あくまでも裏技的な使用であると割り切るべきだろう。
価格設定については、これだけの特徴を備えていることを考えれば、お買い得といえるのではないだろうか。

※本ページに記載している会社名および製品名は各メーカーの商標または登録商標です。

MikimotobeansStore楽天店

関連製品情報

iTheater

Teleglass T3-A

超軽量片眼ヘッドマウントディスプレイ。スイッチひとつでディスプレイ部がセットされるオドロキのギミック搭載。
>>より詳しく