TOP>FinePix REAL 3D W1試用レポート

FinePix REAL 3D W1試用レポート

TriDef 3-D Experience

富士フィルム株式会社から2009年8月8日に世界初の裸眼立体視ができる3Dデジタルカメラ、『FinePix REAL 3D W1』が発売された。 話題の立体カメラを使って、実際、どのように見えるのか、また、ZALMANの立体モニタと組み合わせて使うことができるのか、使い勝手はどうなのかをレポートしよう。

FUJI FINEPIX REAL 3D W1について

FUJI FINEPIX REAL 3D W1(以下 W1)は、富士フィルムが先陣を切って市場に投入した、世界初の量産型立体カメラだ。 今までなら、こういう類の商品は、イロモノとして扱われることが多かったのだが、立体写真の楽しみ方を、 トータルで提供することができる富士フィルムからの発売ということと、昨今の立体映像の市場盛り上がりを考えると、 決してイロモノではなく、純粋にユーザーに対して訴求できる可能性のある製品だといえるだろう。

report01

富士フィルムが世界に先駆けて発売した裸眼立体視ができる3Dカメラ。その実力は…?

この製品を初めて手にして「重っ!」と思わず口から出たユーザーは、結構いるのではないだろうか。それもそのはず、 電池・カードなどを含んだ撮影時重量は300gと、一眼タイプのデジカメを除くと、デジカメの中でも最重量級だ。 一般のコンパクトデジカメがおおむね150g~200g程度なので、最大2倍の差になる。このカメラの性質上、 レンズやCCDが2つずつ内蔵されていることを考えると、納得の重量かもしれない。

加えて、最近では珍しい、真黒な光沢仕上げの本体が、さらに重厚さを醸し出している。ただし、この光沢仕上げ、 かなり指紋がつきやすくなっているので、気になる人は、使い終えた後は乾拭きするなどの手入れが必要だ。

立体撮影してみよう

W1の背面には、2.8インチの大きな液晶と、液晶を挟むように配置されたボタンがあり、6つあるボタンそれぞれが、 左右、あるいは上下左右に機能が割り当てられており、左下のボタンで2Dモードと3Dモードを切り替えて、 撮影時に撮影方式を選ぶことができる。
撮影自体は、ごく普通のデジカメと同じように撮影でき、構えてシャッターを押すだけだ。大きく異なる点は、 3Dモードでは、液晶モニタが立体表示になり、カメラを通してみた映像がリアルタイムに裸眼で確認できるのだ。 この「裸眼で」というのは今までにない感覚で、あまり長時間見ていると目が疲れてくる。

立体撮影ということで、奥行き感のある構図を意識して撮影してみた。
撮影された画像はMPO形式で保存され、普通の画像ソフトでは直接開くことはできないが、付属のビューワーソフトを使うことで、 MPOファイルから左右それぞれのJPG画像を出力することができる。

ブランコ画像左(クリックして拡大) ブランコ画像右(クリックして拡大)
ブランコを真上から撮影したもので、チェーンが手前に伸びてくるのを狙った。 こういったアングルの画像だと立体感がよくわかる。左右の画像で微妙に見え方が違うのがお分かりいただけるだろうか。(クリックして拡大)
植栽画像左(クリックして拡大) 植栽画像右(クリックして拡大)
植栽を撮影したもの。ぎっしり詰まった葉が立体感を際立たせる。撮影距離が近いので、上のブランコの画像よりも左右の 画像のズレが大きい。(クリックして拡大)

この立体感を伝えるのはなかなか難しいが、裸眼でこれだけ立体感を感じられるのは 正直感動する。ある程度の距離がある方が、きれいに立体に見えるようで、被写体との距離が近すぎると、立体視がうまく 表現できないことが多い。このあたりは撮影する側の慣れが必要だ。

次に、3Dモードのまま、ズームを使ってみた。正直、3Dモードではズームは使えないんだろうと勝手に考えていたので、 ズーム後も変わらず立体表示ができていることに驚いた。
ただ、残念ながらマクロモードは使えない。スペック上は、最短撮影距離は60cmからとなっているが、立体撮影をする場合は、 被写体との距離は、最低でも1m程度は確保しないと、立体には見えづらい。

ハトズーム画像左(クリックして拡大) ハトズーム画像右(クリックして拡大)
ズームを使っても立体撮影は可能。この写真ではズーム後も手前から奥行きまでの被写体が写っているが、 ズームで遠景だけを切り取った風景写真は、左右の画像のズレが少ないため、立体感に乏しくなる。(クリックして拡大)

ムービーだって立体視

3Dモードは、静止画だけでなく、ムービーの撮影にも有効だ。これも静止画同様、ムービー撮影モードに切り替えて シャッターボタンを押すだけでいい。立体映像が裸眼で観られる事はもちろんだが、 ここまで手軽に立体映像が撮影できる事に感動すら覚えた。

なお、録画されたムービーファイルは、AVIファイルとして保存され、パソコン上でダブルクリックすると、 左右それぞれのレンズで撮影されたムービーファイルが同時に再生される。今のところ、撮影した映像を立体視で楽しむには、 カメラ本体の液晶を使うか、別途、専用のフォトフレーム『FinePix REAL 3D V1』(以下V1)を購入するしかないのだが、 実はZALMANなどの立体モニタを既に持っている場合は、アプリケーションをひとつ間にかませることで、 W1の本体液晶やフォトフレームよりもはるかに大画面で立体映像を楽しむことができる。
詳細については、別記事「Real3D W1で撮影した映像をZM-220Wで鑑賞」 を参照していただきたい。

注意点

注意すべき点もいくつかある。まず、W1は、縦位置で撮影した際、その機構上、撮影後にカメラを傾けての立体視は できないのだ。立体視の原理に関わる部分でもあるので、あきらめるしかないが、うっかり縦位置で撮影してしまって 後でガッカリしてしまわないように注意したい。

もう一点、気をつける必要があるのが、撮影時の指の写り込みだ。これも構造的な問題が絡んでいるのだが、W1は、 2つのレンズの間隔を確保するためか、向かって右側のレンズが本体ギリギリに配置されている。そのため、 両手で無意識に構えた際、指がレンズにかかってしまうのだ。特に手の大きな人は注意した方がいいだろう。

report01

マニュアル以外にも、「正しい持ち方」について書かれた紙が別途同梱されていたので、このような うっかり写真は頻繁に撮られているのかもしれない。

まとめ

今までカメラにアダプターをつけたり、2台並べて撮影した後、パソコンに取り込んで変換してから 立体ディスプレイでメガネをかけてようやく見ることができた立体画像や映像が、このカメラを使うと、 電源を入れた瞬間から、何もしなくても見ることができる。
カメラの性格上、誰にでもおススメできる一品ではないが、立体モニタのユーザーならば、 ぜひ一度は手にとって試してみてほしい。
また、ZALMANの立体モニタのユーザーは、別記事「REAL 3D W1の3D画像をZM-M220Wで鑑賞」も、ぜひ参考にしていただきたい。

※本ページに記載している会社名および製品名は各メーカーの商標または登録商標です。

関連製品情報

ZM-M190

ZM-M190

付属のメガネをかけて画面を見ることで、簡単に立体映像を楽しむことができる3Dモニタです。
>>より詳しく

関連製品情報

ZM-M220W

ZM-M220W

付属のメガネをかけて画面を見ることで、簡単に立体映像を楽しむことができる3Dモニタです。 高さ調整・モニタ回転機構つき。
>>より詳しく

関連情報

REAL 3D W1の3D画像をZM-M220Wで鑑賞

REAL 3D W1の3D画像をZM-M220Wで鑑賞

立体写真を22インチの画面で迫力体験!
>>より詳しく

関連情報

ZM-M190導入手順検証レポート

ZM-M190導入手順検証レポート

話題の3Dモニタをセッティングするための手順を実際に検証。
>>より詳しく