TOP取扱製品>Stereo Edit HD:商品概要

Stereo Edit HD (ステレオ エディット エイチディー):商品概要

StereoEdit HDイメージ画像

Windows PCで立体映像コンテンツの編集が出来る
立体映像のノンリニア編集アプリケーションソフト

Stereo Edit HDは、従来のStereo Editで対応済みのSD(Standard Definition)編集機能に加え、 HD(High Definition)編集機能など強力な機能を追加し、より使いやすく改良されたStereo Editの上位バージョンです。 ステレオ動画の編集を強力にサポートする視差調整機能や台形補正機能、書き出す前に確認できるプレビュー機能や SHARP の3D 対応ディスプレイでの裸眼視立体確認など、作業効率と時間を大幅に短縮することが可能です。 対応するフォーマットはWindowsでもっともポピュラーなAVI 形式です。 各種コーデックを用いることにより、様々なフォーマットに対応します。

主な特徴

  • ハイビジョン立体映像の編集に対応
  • 各種立体映像フォーマットの入出力に対応(フォーマット変換も可能)
  • 視差調整機能にて立体感の調整が可能
    上下左右調整、左右回転調整、拡大縮小補正、明るさ・コントラスト補正、台形補正
  • 視差測定機能にて立体感評価が可能
    左右画像の視差量から再生時の画面サイズと視距離で飛び出し量の測定が可能
  • 平行撮影ポイント設定にて、平行法撮影の立体感の修正が可能
  • プレビュー機能にて書き出し前に立体感のプレビューチェックが可能
    (対応する機器等が別途必要)
  • 立体静止画機能にて立体静止画の立体感補正や連番静止画で動画変換も可能
    ビットマップ(BMP)の左右静止画の立体編集、 左右静止画連番の動画変換が可能
  • カット機能にて左右映像個別のフレームカットが可能
  • XGA、SXGA、UXGA画面解像度に対応

対応立体映像フォーマット

  • インターレース
  • 時間軸に沿って左右の異なる画像を奇数、偶数番目の走査線画像に順次表示する方式
  • サイド・バイ・サイド
  • 画面の左半分と右半分に各々右目用、左目用の画像を表示する方式
  • 左右2ch動画
  • 目用動画と左目用動画の別々の画像を表示する方式
  • 左右2ch静止画(ビットマップ)
  • 右目用静止画と左目用静止画の別々の画像を表示する方式

関連製品情報

デュアルカメラ調整ホルダ(プレミアム)
デュアルカメラ調整ホルダ(プレミアム)
同時ズーム 、録画を1コントロール制御、両眼視差調整などが可能。
>>より詳しく

関連製品情報

SDC-M200A
SDC-M200A
細かい操作が可能で、高度な技術が要求される立体映像作業における操作性を向上させます。
>>より詳しく