TOP取扱製品>Stereo Edit HD:機能

Stereo Edit HD (ステレオ エディットエイチ ディー):機能

Stereo Editは、立体映像の編集において特有の機能を備えています。


1VTR方式の立体映像ソースファイルの分割機能

時分割方式で記録された1つの立体映像ソースファイルを、左眼用と右眼用の2つのファイルに分割する機能。 1VTR方式で記録されたソースファイルの場合には、左右に分割してStereo Editに取り込む必要があります。 そのため、この機能は、1VTR方式の立体映像ソースを、 2VTR方式の立体映像ソースに変換するコンバータとして利用することも可能です。

1VTR方式の立体映像ソースファイルの分割機能img

1つの立体映像ソースファイルを、左眼用と右眼用の2つのファイルに分離

左右の立体映像ソースを時系列で表示する機能

Stereo Editに取り込んだ左右の立体映像ソースファイルを、タイムコードを同期させた状態で、時系列に表示する機能。 左右の映像ソースを同時に表示させて見比べることができるため、様々なチェックに利用できます。

時系列で表示する機能img

左右の立体映像ソースファイルを、タイムコードを同期させて時系列表示

水平・垂直視差の補正機能

左右の立体映像ソース間の、水平方向と垂直方向のズレ量を補正する機能。水平方向においては、左右のズレ量を補正することで、 作品の立体感などを調整することができます。垂直方向のズレは排除することで、コンテンツの見易さを向上させることが可能です。

水平・垂直視差の補正機能img

左右の立体映像ソース間の、水平方向と垂直方向のズレ量を補正

回転・サイズの補正機能

左右の立体映像ソース間における回転によるズレや、被写体のサイズの違いを補正する機能。 回転の補正機能は、2台のカメラで立体撮影を行ったときに、片方のカメラが少し傾いて見辛い映像と なってしまった場合などに利用します。 また、近距離の被写体を撮影した場合に生じる、左右のサイズの違いを補正するのに利用できます。 水平・垂直視差の補正を行った後に生じる黒いブランクのエリアをトリミングすることもできます。

回転・サイズの補正機能img

左右の立体映像ソース間の、角度や被写体のサイズの違いを補正

フィールドの逆転補正機能

1VTR方式で記録された立体映像ソースの、左右のフィールドを入れ替える機能。フィールドの逆転は、観察する人にとっては、 コンテンツの違和感、つまり被写体の前後関係や形状に矛盾を生じます。 そのため、時分割方式でフィールドの逆転したカットをStereo Editで分割して取り込んだ後、左右のフィールドの入れ替えを行い、 再度出力することで、補正することが可能です。

フィールドの逆転補正機能img

時分割方式で記録された立体映像ソースの左右のフィールドを入れ替える

立体像の再生位置の計算機能

あらかじめ再生条件を決定することで、立体像の再生位置を、左右の立体映像ソースにおける対応点のズレ量から測定する機能。 再生時の画面サイズと視距離を入力し、左右の対応点をマウスで指定することにより、その点の画面からの距離と、 視差量を定量的に把握することができます。この機能によって、立体感を数値として確認しながら編集を行うことが可能になります。

立体像の再生位置の計算機能img

立体像の再生位置を、左右の対応点のズレ量から測定

平行撮影法の自動補正機能

立体映像の撮影法は、立体カメラの光軸角度の設定によって、交差法と平行法に分類されます。 交差法では撮影したソースをそのまま観察することが可能ですが、平行法では撮影したソースを補正する必要があります。 画面サイズと水平方向の総画素数を入力することで、平行法においてシフトしなければならない画素数を算出し、 自動的に左右の映像ソースのシフトを行うことが可能です。 ここで、左右の映像ソースのシフト量は、以下の式により算出しています。

立体像の再生位置の計算機能img

左右の映像ソースを、観察時の画面上で瞳孔間隔分、左右方向へシフト
(*図では便宜上、左右へシフトする画像を上下にズラして表示しています)

関連製品情報

デュアルカメラ調整ホルダ(プレミアム)
デュアルカメラ調整ホルダ(プレミアム)
同時ズーム 、録画を1コントロール制御、両眼視差調整などが可能。
>>より詳しく

関連製品情報

SDC-M200A
SDC-M200A
細かい操作が可能で、高度な技術が要求される立体映像作業における操作性を向上させます。
>>より詳しく