TOP取扱製品>True3Di SDM-080-SDI:商品概要

True3Di SDM-080-SDI (トゥルー3Di エスディーエム080 エスディアイ):商品概要

SDM-080イメージ画像

SDI入力端子を搭載。ダイレクトにモニタリング!

立体3D映像撮影現場での、3D映像確認用モニターです。 難しい立体3D撮影では、2台の3D用カメラの位置合わせや撮影映像の確認が、大変困難でありました。 View Finder SDM-080-SDIを使用することで、3D撮影を効率化することが可能です。 並行式RIG Docking Stationだけでなく、片方の撮影映像が反転してしまうハーフミラーRIGの3D映像も簡単に調整でき 立体3D映像撮影の可能性を飛躍的に増大できます。 SDI信号の入出力にも対応し、3D撮影には欠かせないコンバージェンスなども画面で確認しながら調整が可能です。

実写3D立体撮影システム

実写3D立体撮影システム構成

3DカメラDocking StationとTrue3Di SDM-080-SDIモニターを組み合わせる事により、 3D放送や映像の撮影現場で、リアルタイムに3D撮影映像をモニタリングできます。

3DカメラDocking Station(SDC-M200 / SDC-M200A)は、 3D立体映像の撮影を強力にサポートする取扱いが容易な平行式RIGです。 3D立体映像撮影では、複雑な操作が必要ですが、このシステムにより容易な操作で3D映像の撮影が可能となります。

偏光方式立体映像モニターの特徴

  • 2台の高画質TFT-LCDモニター使用(解像度の低下がない)。
  • 偏光方式採用で高臨場感立体映像。
  • 高画質デジタル映像信号ディスプレイ(Dual DVI Input。)
  • ちらつきがない為、目の疲れがほとんどないので長時間立体映像鑑賞に最適。
  • 多様な映像信号を入力可能(DVI、D-Sub、S-Video、Component他)。
内部ハウジングイメージ
  • 綿密で丈夫な内部ハウジング
    縦横90度の角度で支える構造で作られている内部ハウジングは、画面の歪みを防止し、ハーフミラーにほこりが入るのを防ぎます。 また、外部光源による干渉を最小限にして、より鮮明な3D立体映像の表示が可能です。

2D/3D切替イメージ
  • 2D / 3D 切り替えボタン
    2D / 3D 切り替えボタンで、通常の一般モニターと立体モニターの切替えが容易にできます。

ハーフミラー光学方式とは・・・

Redroverハーフミラー光学方式イメージ

2枚のLCDパネルとハーフミラー使用することにより、従来の3Dモニターより解像度の高い画像を見ることができます。 偏光方式は、直線偏光で45度と135度の偏光メガネで視聴します。

偏光メガネ

111 偏光角度:45°/ 135°[8インチ~24インチ、Projector]
1111 偏光角度:90°/ 0°[26インチ~40インチ]

関連製品情報

SDC-M200A
SDC-M200A
細かい操作が可能で、高度な技術が要求される立体映像作業における操作性を向上させます。
>>より詳しく

関連製品情報

SDM-080
SDM-080
カメラシステムと連携し、リアルタイムに撮影映像をモニタリングできます。
>>より詳しく